情報リテラシーとは?(アメリカ図書館協会; 1989)

情報リテラシーの定義は、1989年にアメリカ図書館協会が発表した最終報告書に記載されています。以下原文を一部翻訳。

情報リテラシーとは?

個人が「情報を必要とするときに、必要な情報を効果的に探し出し、評価し、使用する能力」を身につけるための能力のセットである。

 

▶️情報リテラシーは、急速な技術変化と情報資源の爆発的発展を遂げている現代において、益々重要になっている。この環境がさらに複雑化するにつれて、個人は、学術研究、職場、個人生活において、多様で豊富な情報の選択に直面している。

 

▶️情報は図書館、地域社会のリソース、特別利益団体、メディア、インターネットを通じて入手可能であり、情報はフィルタリングされていない形式で個人に提供されているため、真正性、妥当性、信頼性について疑問を投げかけられている。さらに情報は、グラフィカル、聴覚、およびテキストを含む複数の媒体を通じて入手可能であり、個人がそれを評価し、理解する際に新たな課題をもたらす。

 

情報リテラシーを学ぶとどうなる?

▶️不確実な品質と情報量の増大は、社会にとって大きな課題となっている。情報を効果的に使用するために必要な補完的な能力がなければ、つまり膨大な量の情報の入手だけでは、より情報に価値を見出す市民は生まれにくい。 情報リテラシーは、生涯学習の基礎を形成する。すべての分野、すべての学習環境、あらゆるレベルの教育に共通している。学習者はコンテンツをマスターし、調査を拡張し、より自主的になり、自分の学習をより強力に制御することができる。情報リテラシーを身につけた個人は以下6つのことが可能である:

①必要な情報の程度を決定する

②必要な情報に効果的かつ効率的にアクセスする

③情報とそのソースを批判的に評価する

④選択した情報をナレッジベースに組み込む

⑤情報を効果的に使用して特定の目的を達成する

⑥情報の使用を取り巻く経済的、法的、社会的問題を理解し、倫理的かつ合法的に情報にアクセスし使用する

 


原文(英語)

以下、原文の一部

Information Literacy Defined

Information literacy is a set of abilities requiring individuals to “recognize when information is needed and have the ability to locate, evaluate, and use effectively the needed information.” 1 Information literacy also is increasingly important in the contemporary environment of rapid technological change and proliferating information resources. Because of the escalating complexity of this environment, individuals are faced with diverse, abundant information choices–in their academic studies, in the workplace, and in their personal lives. Information is available through libraries, community resources, special interest organizations, media, and the Internet–and increasingly, information comes to individuals in unfiltered formats, raising questions about its authenticity, validity, and reliability. In addition, information is available through multiple media, including graphical, aural, and textual, and these pose new challenges for individuals in evaluating and understanding it. The uncertain quality and expanding quantity of information pose large challenges for society. The sheer abundance of information will not in itself create a more informed citizenry without a complementary cluster of abilities necessary to use information effectively.

Information literacy forms the basis for lifelong learning. It is common to all disciplines, to all learning environments, and to all levels of education. It enables learners to master content and extend their investigations, become more self-directed, and assume greater control over their own learning. An information literate individual is able to:

  • Determine the extent of information needed
  • Access the needed information effectively and efficiently
  • Evaluate information and its sources critically
  • Incorporate selected information into one’s knowledge base
  • Use information effectively to accomplish a specific purpose
  • Understand the economic, legal, and social issues surrounding the use of information, and access and use information ethically and legally

参考文献

1) http://www.ala.org/acrl/publications/whitepapers/presidential   — Last access date is 20171201.