難聴を有する小児への経口ステロイドの効果はどのくらいですか?(Health Technol Assess. 2018)

Oral steroids for hearing loss associated with otitis media with effusion in children aged 2-8 years: the OSTRICH RCT.

Francis NA, et al.
Health Technol Assess. 2018.

PMID: 30407151

背景

滲出性中耳炎(OME)に伴う難聴を有する小児は、外科的介入、補聴器または注意深い経過観察によって管理される。安全で、安価で、効果的な医療処置は、治療の選択肢を強化するだろう。小規模かつ不充分なデザインで実施された試験では、経口ステロイドによる短期的な利益が見出されている。

目的

本試験の目的は、持続性OME症状、両側OMEおよび聴力検査で聴力損失を指摘された小児における7日間の経口ステロイドの臨床効果および費用効果を決定することだった(5週間の聴力検査を実施)。

デザイン

二重盲検、個別ランダム化、プラセボ対照試験。

“難聴を有する小児への経口ステロイドの効果はどのくらいですか?(Health Technol Assess. 2018)” の続きを読む