持続性心房細動患者に対するベプリコール®️の効果はどのくらいですか?(RCT; J-BAF study; Circ J. 2009)

Dose-response effects of bepridil in patients with persistent atrial fibrillation monitored with transtelephonic electrocardiograms: a multicenter, randomized, placebo-controlled,double-blind study (J-BAF Study).

Randomized controlled trial

Yamashita T, et al. Circ J. 2009.

PMID: 19359813

【背景】

持続性心房細動(AF)患者を対象に、毎日のトランステレフォニックモニタリングを使用して、ベプリジルの用量反応効果と安全性を決定するために、多施設ランダム化プラセボ対照二重盲検試験を実施した。

“持続性心房細動患者に対するベプリコール®️の効果はどのくらいですか?(RCT; J-BAF study; Circ J. 2009)” の続きを読む

66歳以上の高齢者におけるベタニス®️の不整脈リスクはどのくらいですか?(前向きコホート研究; JAMA Intern Med. 2019)

Association of Mirabegron With the Risk of Arrhythmia in Adult Patients 66 Years or Older—A Population-Based Cohort Study

Tadrous M et al.

JAMA Intern Med. 2019

Published online July 15, 2019. doi:10.1001/jamainternmed.2019.2011

PMID:

【背景】

最近、β3 – アドレナリン受容体作動薬であるミラベグロンが、抗ムスカリン薬よりも頻繁に過活動膀胱(OAB)を治療するために処方されている。β-3作動薬は、抗ムスカリン薬と比較して副作用が限られている。

アドレナリン受容体は収縮力の増加および変力作用の減少、心血管系(CV)の有害作用の懸念を引き起こす4つの作用に関連している。

“66歳以上の高齢者におけるベタニス®️の不整脈リスクはどのくらいですか?(前向きコホート研究; JAMA Intern Med. 2019)” の続きを読む