【メモ】電子カルテデータベース利用時のPERRって何ですか?

背景

一般人口データベースは観察研究において非常に有用である。しかしランダム化比較試験に比べ、交絡因子の影響を過度に受ける。これは同じ薬剤の効果を検討したランダム化比較試験と前向きコホート研究を対比すると分かりやすい。またコホート研究において、未知の交絡因子を調整することは困難である。

“【メモ】電子カルテデータベース利用時のPERRって何ですか?” の続きを読む