非代償性肝硬変患者におけるインデラル®️あるいはアーチスト®️の効果はどのくらいですか?(DB-RCT; PREDESCI trial; Lancet. 2019)

β blockers to prevent decompensation of cirrhosis in patients with clinically significant portal hypertension (PREDESCI): a randomised, double-blind, placebo-controlled, multicentre trial.

Randomized controlled trial

Villanueva C, et al. Lancet. 2019.

ClinicalTrials.gov, number NCT01059396

PMID: 30910320

FUNDING: Spanish Ministries of Health and Economy.

【背景】

肝硬変の臨床的代償不全は予後不良と関連している。肝静脈圧勾配(hepatic venous pressure gradient, HVPG)≥10mm Hgで定義される臨床的に重要な門脈圧亢進症(Clinically significant portal hypertension, CSPH)は、代償不全の最も強力な予測因子である。

本研究の目的は、βブロッカーでHVPGを低下させると、CSPHによる代償性肝硬変の代償不全または死亡リスクが低下するかどうかを評価することだった。

“非代償性肝硬変患者におけるインデラル®️あるいはアーチスト®️の効果はどのくらいですか?(DB-RCT; PREDESCI trial; Lancet. 2019)” の続きを読む

持続性心房細動患者に対するベプリコール®️の効果はどのくらいですか?(RCT; J-BAF study; Circ J. 2009)

Dose-response effects of bepridil in patients with persistent atrial fibrillation monitored with transtelephonic electrocardiograms: a multicenter, randomized, placebo-controlled,double-blind study (J-BAF Study).

Randomized controlled trial

Yamashita T, et al. Circ J. 2009.

PMID: 19359813

【背景】

持続性心房細動(AF)患者を対象に、毎日のトランステレフォニックモニタリングを使用して、ベプリジルの用量反応効果と安全性を決定するために、多施設ランダム化プラセボ対照二重盲検試験を実施した。

“持続性心房細動患者に対するベプリコール®️の効果はどのくらいですか?(RCT; J-BAF study; Circ J. 2009)” の続きを読む

小脳卒中または一過性脳虚血発作におけるDAPT使用は90日よりも21日間が良いかもしれない(CHANCEおよびPOINT trialのプール解析; JAMA Neurol. 2019)

Outcomes Associated With Clopidogrel-Aspirin Use in Minor Stroke or Transient Ischemic Attack: A Pooled Analysis of Clopidogrel in High-Risk Patients With Acute Non-DisablingCerebrovascular Events (CHANCE) and Platelet-Oriented Inhibition in New TIA and MinorIschemic Stroke (POINT) Trials.

Pan Y et al.

JAMA Neurol. 2019 Aug 19.

doi: 10.1001/jamaneurol.2019.2531. [Epub ahead of print]

PMID: 31424481

【試験の重要性】

クロピドグレルとアスピリンによる二重抗血小板療法(DAPT)は、軽度の虚血性脳卒中または一過性虚血発作(TIA)後の二次予防に有効である。軽度の脳卒中またはTIAに対するDAPTの最適期間については不確実性が残っていた。

【試験の目的】

軽度の虚血性脳卒中またはTIA後のDAPTの有効性とリスクの正確な推定値を得る。

“小脳卒中または一過性脳虚血発作におけるDAPT使用は90日よりも21日間が良いかもしれない(CHANCEおよびPOINT trialのプール解析; JAMA Neurol. 2019)” の続きを読む

アトピー性皮膚炎を放置していると心血管リスクが増加する?(イギリス人口ベース コホート研究;BMJ 2018)

Severe and predominantly active atopic eczema in adulthood and long term risk of cardiovascular disease: population based cohort study

Silverwood RJ et al.

BMJ 2018; 361: k1786

PMID: 29792314

【目的】

アトピー性湿疹の成人が心血管疾患のリスクが高いかどうか、およびアトピー性湿疹の重症度と状態の活動性によってリスクが経時的に変化するかどうかを調査する。

“アトピー性皮膚炎を放置していると心血管リスクが増加する?(イギリス人口ベース コホート研究;BMJ 2018)” の続きを読む

ビクトーザ®️使用により胆嚢および胆道関連イベントはどのくらい起こりますか?(LEADER trial; RCTの事後解析; Diabetes Care. 2019)

Effects of Liraglutide Compared With Placebo on Events of Acute Gallbladder or Biliary Disease in Patients With Type 2 Diabetes at High Risk for Cardiovascular Events in the LEADER Randomized Trial.

Nauck MA et al.

Diabetes Care. 2019 Aug 9. pii: dc190415.

doi: 10.2337/dc19-0415. [Epub ahead of print]

PMID: 31399438

【試験の目的】

糖尿病におけるリラグルチドの効果と作用:心血管転帰の評価(LEADER)試験でリラグルチドとプラセボのグループについて報告された胆嚢および胆道関連のイベントを調べる。

“ビクトーザ®️使用により胆嚢および胆道関連イベントはどのくらい起こりますか?(LEADER trial; RCTの事後解析; Diabetes Care. 2019)” の続きを読む

ゼチーア®️には75歳以上の高齢患者における心血管イベント一次予防効果がありますか?(PROBE; EWTOPIA 75; Circulation 2019)

Ezetimibe Lipid-Lowering Trial on Prevention of Atherosclerotic Cardiovascular Disease in 75 or Older (EWTOPIA 75): A Randomized Controlled Trial

Ouchi Y et al.

Originally publishedhttps://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA.118.039415Circulation. ;0:null

Clinical Trial Registration: URL: https://www.umin.ac.jp Unique identifier: UMIN000001988.

PMID: 未

【背景】

75歳以上の高齢者におけるLDL-C低下療法による冠動脈疾患(CAD)イベントの一次予防に関するエビデンスは不十分である。

本試験では、エゼチミブによるLDL-C低下療法が高齢患者の心血管イベントの一次予防に役立つかどうかを検討した。

“ゼチーア®️には75歳以上の高齢患者における心血管イベント一次予防効果がありますか?(PROBE; EWTOPIA 75; Circulation 2019)” の続きを読む

ICU患者における厳格な血糖コントロールの効果はどのくらいですか?(RCT; NICE-SUGAR study; NEJM 2009)

ntensive versus conventional glucose control in critically ill patients.

Randomized controlled trial

NICE-SUGAR Study Investigators,
N Engl J Med. 2009.
PMID: 19318384

【背景】

重症患者の血糖値の最適な目標範囲は不明のままである。

【方法】

集中治療室(ICU)に入院してから24時間以内、かつ3日以上連続してICUでの治療が必要になると予想された成人患者を対象とした。

“ICU患者における厳格な血糖コントロールの効果はどのくらいですか?(RCT; NICE-SUGAR study; NEJM 2009)” の続きを読む

75歳以上の高齢者でもコレステロールは下げた方が良いですか?(RCTの2次解析; IMPROVE-IT trial; JAMA Cardiol. 2019)

Effect of Simvastatin-Ezetimibe Compared With Simvastatin Monotherapy After Acute Coronary Syndrome Among Patients 75 Years or Older A Secondary Analysis of a Randomized Clinical Trial

Bach RG et al.

JAMA Cardiol.

Published online July 17, 2019.

doi:10.1001/jamacardio.2019.2306

Trial Registration  ClinicalTrials.gov identifier: NCT00202878

PMID: 31314050

【臨床疑問】

急性冠症候群既往の高齢患者における脂質レベルを低下させる治療として、エゼチミブとシンバスタチンの併用は、シンバスタチン単独と比較して利点があるのか?

“75歳以上の高齢者でもコレステロールは下げた方が良いですか?(RCTの2次解析; IMPROVE-IT trial; JAMA Cardiol. 2019)” の続きを読む

高齢の不眠症患者におけるベルソムラ®️の効果はどのくらいですか?(RCT 3報のプール解析; Am J Geriatr Psychiatry. 2017)

Suvorexant in Elderly Patients with Insomnia: Pooled Analyses of Data from Phase III Randomized Controlled Clinical Trials.

Randomized controlled trial

Herring WJ, et al.
Am J Geriatr Psychiatry. 2017.
Clinicaltrials.gov; NCT01097616、NCT01097629、NCT01021813
PMID: 28427826

【目的】

スボレキサントは、10〜20 mgの用量で不眠症を治療するために承認されたオレキシン受容体拮抗薬である。 以前に報告された第III相の結果は、スボレキサントが複合年齢の集団(高齢者および非高齢者の成人)で有効であり、忍容性が高いことを示した。

本分析では、特に高齢者におけるスボレキサントの臨床プロファイルを評価した。

“高齢の不眠症患者におけるベルソムラ®️の効果はどのくらいですか?(RCT 3報のプール解析; Am J Geriatr Psychiatry. 2017)” の続きを読む

中間期の肝細胞がんにおける初期治療にレンビマ®️は有効ですか?(POC study; Cancers (Basel). 2019)

Lenvatinib as an Initial Treatment in Patients with Intermediate-Stage Hepatocellular Carcinoma Beyond Up-To-Seven Criteria and Child-Pugh A Liver Function: A Proof-Of-Concept Study.

Kudo M, et al.
Cancers (Basel). 2019.

PMID: 31370183

【試験背景】

経カテーテル動脈化学塞栓療法(transcatheter arterial chemoembolization, TACE)は中期肝細胞癌(hepatocellular carcinoma, HCC)の標準治療だが、TACEの恩恵を受けない患者を含む大部分が不均一な疾患である。

現在、この恩恵を受けないサブグループ患者における治療戦略は、臨床診療において未充足ニーズ(Unmet Medical Needs)のままである。

“中間期の肝細胞がんにおける初期治療にレンビマ®️は有効ですか?(POC study; Cancers (Basel). 2019)” の続きを読む