50際以上のアメリカ成人における人生の目的と死亡率の関連性(全国規模コホート研究; JAMA Netw Open. 2019)

Association Between Life Purpose and Mortality Among US Adults Older Than 50 Years

Alimujiang A et al.

JAMA Netw Open. 2019;2(5):e194270. doi:10.1001/jamanetworkopen.2019.4270

【臨床疑問】

米国健康年金研究に参加している50歳以上の人々の生活目的と全死因または死因別死亡率との間に関連はありますか?

【所見】

6,985人を対象とした本コホート研究では、人生の目的が全死亡率と有意に関連していることが示された。

【研究の意義】

人生の目的は修正可能な危険因子であるため、人生の目的を改善するための介入の役割は、死亡率を含む健康上のアウトカムについて評価されるべきである。

【研究の重要性】

生活の中で強い目的意識を持つことは、肉体的および精神的健康の両方に改善をもたらし、全体的な生活の質を向上させることを示唆する文献報告が増えている。人生の目的に影響を与えるために利用できる介入がある。したがって、人生の目的と死亡率との関連を理解することが重要である。

【研究の目的】

米国の高齢者において、生活目的と全死因または死因別死亡率との間に関連性が存在するかどうかを評価すること。

【研究デザイン、設定、および参加者】

健康および退職研究(The Health and Retirement Study, HRS)は、50歳以上の米国成人を対象とした全国コホート研究である。 51〜61歳の成人はHRSに登録され、その配偶者またはパートナーは年齢に関係なく登録された。当初、1931年から1941年の間に生まれた個人は1992年から組み入れられたが、その後のコホート濃縮が行われた。

現在のプロスペクティブコホート研究サンプルは、50歳以上で、2006年のHRSインタビュー期間中に心理学的アンケートに記入した8,419人のHRS参加者から抽出されたものである。これらのうち、不完全な生活目的データを持つ1,142人の非回答者、サンプルの重みが欠けている163人の回答者、フォローアップに失敗した81人の参加者、誤った生存期間を持つ1人の参加者、および共変量に関する情報が不足している47人の参加者は除外された。

分析のための最終サンプルは6,985人だった。データ分析は2018年6月5日から2019年4月22日の間に行われた。

【曝露】

2006年のインタビュー期間の生活目的は、1から6の範囲のリッカート尺度を用いて修正されたRyff and Keyes心理的健康評価の7項目の質問票で評価された。全原因分析および原因別死亡率分析では、5つのカテゴリーの生活目的スコアを使用した(1.00〜2.99、3.00〜3.99、4.00〜4.99、5.00〜5.99、および6.00)。

【主要アウトカムと測定】

全原因および原因別死亡率は2006年から2010年の間に評価された。加重Cox比例ハザードモデルは人生の目的と死亡率を評価するために使用された。

分析に含まれた6,985人のうち、4,016人(57.5%)が女性であり、すべての参加者の平均年齢は68.6(SD 9.8)歳、そして子孫の平均生存期間は31.21(SD 15.42)ヶ月(範囲 1.00〜71.00ヶ月)。

人生の目的は、HRSにおける全死亡率と有意に関連していた(ハザード比 =2.43; 95%CI 1.57〜3.75、最低人生目的カテゴリーのそれらと最高人生目的カテゴリーのそれらとの比較)。

人生目的とのいくつかの有意な原因別死亡率の関連もまた観察された(心臓、循環器系、および血液の状態:ハザード比 =2.66; 95%CI 1.62〜4.38)。

【結論と関連性】

本研究の結果は、人生におけるより強い目的意識を持つことが死亡率の低下と関連していることを示している。意図的な生活は健康上の利点がある。今後の研究では、人生目的の介入と死亡率を含む健康上の結果との関連性を評価することに焦点を当てるべきである。さらに、人生の目的が健康への影響に影響を及ぼす可能性のある潜在的な生物学的メカニズムを理解することは価値があるだろう。

【コメント】

アブストのみ。

あくまでも相関関係であるが、人生におけるより強い目的意識を持つことが死亡率の低下をもたらしていた。

ヒトの寿命が延びることで、仕事をリタイヤした後の人生の目的を見失っている人が多いように感じている。いたずらに生かされているような、他者に命を握られているような、それは絶望に近い感覚なのかもしれない。

自己肯定感を高め、文脈によっては共感性を下げることが、自己実現に近づくためのツールとなり得るのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です