コレステロールあるいは卵の摂取は心血管疾患や死亡リスクを増加させますか?(前向きコホート研究6つのメタ解析; JAMA 2019)

Associations of Dietary Cholesterol or Egg Consumption With Incident Cardiovascular Disease and Mortality.

Zhong VW, et al.

JAMA. 2019 Mar 19;321(11):1081-1095. doi: 10.1001/jama.2019.1572.

PMID: 30874756

【試験の重要性】

コレステロールは人間の食事によくみられる栄養素であり、卵は食事性コレステロールの主な供給源である。食事性コレステロールまたは卵の消費が心血管疾患(CVD)および死亡率に関連しているかどうかは、議論が分かれている。

【試験の目的】

食事性コレステロールまたは卵の消費と、CVDの発生率および全死因死亡率との関連性を明らかにする。

【試験デザイン、設定、および参加者】

1985年3月25日から2016年8月31日の間に収集されたデータを使用して、米国の前向きコホート6件から個々の参加者データをプールした。

“コレステロールあるいは卵の摂取は心血管疾患や死亡リスクを増加させますか?(前向きコホート研究6つのメタ解析; JAMA 2019)” の続きを読む