ロタウイルスワクチンは小児1型糖尿病の発症を抑制するかもしれない?(人口データベース コホート研究: JAMA Pediatr. 2019)

Association of Rotavirus Vaccination With the Incidence of Type 1 Diabetes in Children

Perrett PK et al.

JAMA Pediatr. 2019;173(3):280-282.

doi:10.1001/jamapediatrics.2018.4578

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2728577?guestAccessKey=f3b3a5c3-782f-423d-ae6f-54052e2def0f&utm_source=silverchair&utm_medium=email&utm_campaign=article_alert-jama&utm_content=olf&utm_term=031319

PMID: 30667473

試験背景と目的

ロタウイルス(RV)感染は、小児における1型糖尿病(T1D)発症と関連していることが報告されている。

ロタウイルス感染はマウス膵臓のアポトーシスを引き起こし、RVペプチドは膵臓β細胞自己抗原のT細胞エピトープと分子模倣を示すことも報告されている(in vitro)。

RVの自然感染がT1Dの原因因子である場合、RVワクチン接種は経時的に疾患の発生率を低下させると仮定した。 したがって、本研究では公的に入手可能なデータを使用して、経口RVワクチンが2007年にオーストラリアの国民予防接種プログラムに導入される前後のオーストラリアの子供たちにおけるT1Dの発生率を調べた。

“ロタウイルスワクチンは小児1型糖尿病の発症を抑制するかもしれない?(人口データベース コホート研究: JAMA Pediatr. 2019)” の続きを読む