2型糖尿病患者における血管合併症の関連因子は何ですか?(DISCOVER study; Cardiovasc Diabetol. 2018)

Vascular complications in patients with type 2 diabetes: prevalence and associated factors in 38 countries (the DISCOVER study program).

Kosiborod M, et al.
Cardiovasc Diabetol. 2018.
PMID: 30486889

背景

2型糖尿病関連合併症の世界的な罹患率について充分に研究されていない。 38カ国で実施された世界的な前向き観察研究プログラムであるDISCOVER(NCT02322762; NCT02226822)において、第2選択薬で治療を開始する2型糖尿病患者15,992人を対象とし、ベースライン時の血管合併症の有病率を評価した。

方法

参加者はプライマリーおよびスペシャリティヘルスケア施設から募集された。

標準化された症例報告書を用いてデータを収集した。

ベースライン時の微小血管性および大血管合併症の有病率推定値を全国および地域ごとに評価し、年齢および性別で標準化した。

修正ポアソン回帰を用いて合併症の有病率に関連する要因を評価した。

結果

2型糖尿病の罹病期間の中央値は4.1年(四分位範囲[IQR]:1.9〜7.9歳)で、糖化ヘモグロビン(HbA1c)レベルは中央値8.0%(IQR:7.2-9.1%)だった。

微小血管合併症および大血管合併症の粗罹患率はそれぞれ18.8%および12.7%であった。

一般的な微小血管合併症は、末梢神経障害(7.7%)、慢性腎臓病(5.0%)、およびアルブミン尿(4.3%)でした。

一般的な大血管合併症は冠状動脈疾患(8.2%)、心不全(3.3%)および脳卒中(2.2%)だった。

年齢および性別で標準化された微小血管合併症の有病率は17.9%(95%信頼区間[CI] 17.3〜18.6%)であり、アメリカの14.2%からヨーロッパの20.4%までの範囲であった。

年齢および性別で標準化された大血管合併症の有病率は9.2%(95%CI 8.7〜9.7%)であり、東南アジアの4.1%からヨーロッパの18.8%までの範囲であった。

血管合併症と正の関連がある要因には、年齢(10年ごとの増分)、男性、糖尿病罹患期間(1年ごとの増分)、および低血糖の既往歴だった。

さらに微小血管合併症への寄与比率は、年齢が1.14(1.09〜1.19)、男性1.3(1.2〜1.42)、糖尿病罹患期間が1.03(1.02〜1.04)、低血糖既往歴1.45(1.25〜1.69)だった。

また大血管合併症については、年齢が1.41(1.34〜1.48)、男性1.29(1.16〜1.45)、糖尿病罹患期間が1.02(1.01〜1.02)、低血糖既往歴1.24(1.04〜1.48)だった。

HbA1cレベル(1.0%の増加あたり)は、微小血管合併症とは正の相関があった(1.05 [1.02〜1.08])が、大血管合併症とは正の相関がなかった(1.00 [0.97〜1.04])。

結論

2型糖尿病患者において微小血管性および大血管性合併症の世界的な負担は、疾患プロセスにおいて比較的早い段階で、相当数認められた。

これらの調査結果は、特に糖尿病性血管合併症の罹患率が高い地域における、積極的な早期危険因子の修正の機会を強調する。

Trial registration ClinicalTrials.gov; NCT02322762. Registered 23 December 2014. https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT02322762 . ClinicalTrials.gov; NCT02226822. Registered 27 August 2014. https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT02226822.


コメント

アブストのみ。

過去の報告と矛盾しない。

個人的には、糖尿病罹患期間の影響が小さいように感じた。これは新薬が上市され血糖コントロールが以前と比較してコントロールしやすくなったことも要因として考えられるのではないかと思った(個々ではなく全体的に、という意味です)。

年齢や性別はどうしようも出来ないので、低血糖にならないようコントロールすることを意識した方が良さそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です