アトピー性皮膚炎における局所副腎皮質ステロイド恐怖症(JAMA Dermatol. 2017)

Topical Corticosteroid Phobia in Atopic Dermatitis: A Systematic Review.

Review article

Li AW, et al.
JAMA Dermatol. 2017.
PMID: 28724128

研究の重要性

局所コルチコステロイド(Topical Corticosteroid, TCS)恐怖症は、患者および患者の介護者が経験したTCSに関連する否定的な感情および信念を指す。この現象はアトピー性皮膚炎患者の治療失敗における主要な寄与因子であるかもしれないが、依然として不明なままである。

目的

アトピー性皮膚炎におけるTCS恐怖症の命名、有病率、起源、および治療順守に対する効果を体系的に評価すること。

エビデンスレビュー

1946年1月1日から2016年10月31日までに発表された論文について、Ovid(MEDLINE、EMBASE)、PubMed、Web of Scienceを含む電子データベース全体で特定の適格基準を使用して文献検索を行った。アトピー性皮膚炎患者またはその介護者におけるTCS恐怖症の評価。研究の品質評価は、個々の研究のオックスフォードエビデンスに基づく医療センターの品質評価スキームの修正版に基づき行った。

調査結果

文献検索で特定された490の論文のうち、16が適格基準を満たした。それらの研究は横断的でした。

局所コルチコステロイド恐怖症罹患率は21.0%(95%CI, 15.8%〜26.2%)から83.7%(95%CI, 81.9%〜85.5%)の範囲であった。

懸念から不合理な恐れまで、恐怖症の定義には研究間で大きな違いがあった。

TCS恐怖症の評価に使用されたアンケートには、1〜69の質問が含まれていた。

恐怖症群と非恐怖症群との間のノンアドヒアランス(薬剤使用における非遵守)を比較した2つの研究では、両研究の恐怖症群に割り当てられた患者が、有意に高い非遵守率であったことが見出された(49.4% vs. 14.1%および29.3% vs. 9.8%)。

患者がコルチコステロイドに関する情報を受け取っていた情報源には、医師、友人や親戚、放送メディア、印刷メディア、インターネットなどがあった。

結論と関連性

TCS恐怖症の特徴は、文化を超えて一般的に報告されており、より高い非遵守率と関連している可能性があった。

TCS恐怖症の患者およびコルチコステロイドについての情報を得ている患者は、治療計画の順守を高めるための介入研究の対象となる可能性がある。しかし、研究で使用されているTCS恐怖症の命名法と評価法には標準化が欠けており、定量的比較やデータの外挿はできない。

標準化された定義および評価方法を用いた追加研究が、この現象をよりよく特徴付けし、潜在的な介入の有効性を評価するために必要とされている。


コメント

アブストのみ。

ステロイド恐怖症について検討した横断研究のシステマティックレビュー。

ステロイドに対して恐怖心あると、ステロイド自己判断で中止している割合が多かった。

薬剤師が介入して改善するか否か検討した論文ないですかね〜

知っている方はご教示ください!是非!よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です