グラナテック®による結膜充血はどのくらいでおさまりますか?(Curr Eye Res. 2017)

Time Course of Conjunctival Hyperemia Induced by a Rho-kinase Inhibitor Anti-glaucoma Eye Drop: Ripasudil 0.4.

Curr Eye Res. 2017 May;42(5):738-742.

doi: 10.1080/02713683.2016.1250276. Epub 2016 Dec 2.

PMID: 27911106

目的

健常人における新規Rho-キナーゼ阻害剤抗緑内障点眼薬グラナテック®(リパスジル)0.4%によって誘発される結膜充血の詳細な時間経過を調べた。

“グラナテック®による結膜充血はどのくらいでおさまりますか?(Curr Eye Res. 2017)” の続きを読む

【薬剤師?にオススメしたい本】猫,2018年を振り返る

2018年は変革の年だった

背景

なんか良く分からないけど参加することになった「薬剤師にオススメの本3選」!!いわゆる読めよ薬剤師企画.

オススメ本が他の人と被ったら罰ゲームらしい,ひどい(泣)

兎にも角にもオススメの本を紹介していきます.

1. 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

以下のサイトにレビューを書きましたので,詳しくはこちらをご参照ください.

【読書メモ】昭和的思考から古来日本へ回帰し百姓的フットワークを身につける

とにかく熱い!著者からのメッセージ性が強い作品です.暑苦しいことが苦手な方にも一度目を通して欲しい作品です.何で今更筋トレなの?薬剤師関係なくない?と思われた方々,少々お待ちください.

オススメの理由は3

  1. 自己肯定感を得られる
  2. タフな行動変容が起きる
  3. 他者からの評価が気にならなくなる

個人的な見解ですが,私の周囲の薬剤師は自己肯定感が低く,他者への承認欲求が強い,そして新しいことに対し避けようとする(腰が引けている or 否定から入る)人が多いと感じています.

端的に言いますと 自分の人生を生きていない ということです.

本書によって自己肯定感を高め,様々なことに挑戦することで,本来の自分の人生を歩んで欲しいなという願いから本書をオススメします.その第一歩が筋トレというワケです.

決して上から目線というワケではなく本気で思っています.

承認欲求なんかいりません.と言いつつ私は承認欲求が強い方だと思っていますw

2.アンサングシンデレラ

本書は病院薬剤を主人公にし日常の出来事を綴った作品です.

「正直,薬剤師って何してるの?棚から薬取っているだけでしょ?」って思われている一般の方メディカルスタッフが多いと思います.

そういった方々に対しては,

薬剤師の仕事の一端を知ってもらえる

作品だと思います.

じゃあ薬剤師にとっては,どんな作品なの?ということですが,病院薬剤師を目指したくなる 作品です!薬剤師のことが好きになれます!!薬剤師の本分ってこうだよね?って再認識できます!!!

それぐらいオススメ!

私,3回は泣きましたね.はい.

「何で薬剤師やっているのだろう?」と悩まれている方は是非読んでみてください.本当にオススメ.

3.医学文献ユーザーズガイド根拠に基づく診療のマニュアル 3

相原内科小児科医院の相原 守夫 先生が「Users’ Guides to the Medical Literature: A Manual for Evidence-Based Clinical Practice」の第3版を翻訳した作品です.

原著はGuyatt Gが手がけたもの医学論文情報や臨床経験をどのように現場で俯瞰的に活用していくか,について日本語で知ることができます.

まだまだ本分野(Evidence-Based Medicineをはじめとする行動様式)は日本で広まっておらず,だからこそ薬剤師として目指した方が良いブルーオーシャンだと感じています.

何となく現場仕事が物足りない,モヤモヤした想いを言語化したい,何か新しいことに打ち込みたい,何とか論文情報を活用したい,今の仕事に満足できない etc. 様々な想いを抱えている方にオススメしたい作品です.

一歩踏み出してみませんか?


コメント

今回は,にいやん先生と被らないように意識したオススメ本3選ですw

個人的には にいやん先生に期待!

アトピー性皮膚炎における局所副腎皮質ステロイド恐怖症(JAMA Dermatol. 2017)

Topical Corticosteroid Phobia in Atopic Dermatitis: A Systematic Review.

Review article

Li AW, et al.
JAMA Dermatol. 2017.
PMID: 28724128

研究の重要性

局所コルチコステロイド(Topical Corticosteroid, TCS)恐怖症は、患者および患者の介護者が経験したTCSに関連する否定的な感情および信念を指す。この現象はアトピー性皮膚炎患者の治療失敗における主要な寄与因子であるかもしれないが、依然として不明なままである。

目的

アトピー性皮膚炎におけるTCS恐怖症の命名、有病率、起源、および治療順守に対する効果を体系的に評価すること。

“アトピー性皮膚炎における局所副腎皮質ステロイド恐怖症(JAMA Dermatol. 2017)” の続きを読む

骨減少症の高齢女性に対するリクラスト®️の効果はどのくらいですか?(NEJM 2018)

Fracture Prevention with Zoledronate in Older Women with Osteopenia.

Reid IR et al.

N Engl J Med. 2018 Dec 20;379(25):2407-2416.

doi: 10.1056/NEJMoa1808082. Epub 2018 Oct 1.

PMID: 30575489

試験の背景

ビスホスホネート製剤は、骨粗鬆症(osteoporosis)患者の骨折を予防しますが、骨減少症(osteopenia)の女性におけるそれらの有効性は不明です。閉経後女性における骨折のほとんどは骨減少症の女性に起こるため、骨減少症の女性に対する有効な治療法が必要です。

“骨減少症の高齢女性に対するリクラスト®️の効果はどのくらいですか?(NEJM 2018)” の続きを読む

網膜色素変性症に対するニバジール®️の効果はどのくらいですか?(Ophthalmologica. 2011.)

背景

数年おきに出荷調整がかかるアダプチノール®️(ヘレニエン)。網膜色素変性症に対する効果はどのくらいなのか調べていたらニバジール®️(ニルバジピン)による効果を検討している論文をみつけることができたため早速読んでみた。

“網膜色素変性症に対するニバジール®️の効果はどのくらいですか?(Ophthalmologica. 2011.)” の続きを読む

【症例検討】フォルテオ®️を2年間しか使えない理由は?

フォルテオ®️を2年超使用すると安全性に懸念が生じるのか?

背景

以前から当薬局を利用している70歳代女性のBさん。ある日のこと、腰椎圧迫骨折を経験してから使用しているフォルテオ®️(テリパラチド)について、こんな質問があった。

「フォルテオ®️を使い始めてから骨密度が少し増えて、圧迫骨折もない。こんなに良い薬ならずっと使っていたいのだけれど、担当医からは “そろそろ2年経つので、別の薬を使うか、検査結果によっては経過観察にしようと考えている”と言われてしまった。2年以上使ったらダメなの?」

保険診療という側面からみれば「薬剤の適応および使用制限において上限が2年だから」となるのだが、Bさんが聞きたいことはそんなことではない。いわゆる “薬剤の適正使用” はBさんにとってはどうでも良いのだ。

そこでBさんに理解してもらえるよう情報収集を行った。

“【症例検討】フォルテオ®️を2年間しか使えない理由は?” の続きを読む

【雑記】公平と公正と、ときどき平等

言葉って難しい

日々感じているのですが,言葉って本当に難しい.

言葉にできない感情や自身の知識不足により言語化できていないことを解消しようとするだけでも四苦八苦するのだが,さらに始末が悪いことに「言葉を発した側の意図」とは真逆の意味で相手に受け取られる場合も多々ある.

さて,公平,平等,公正,これらの言葉をどのように使い分けていますか?正直わたしはできていません.

気になったため調べてみました.

“【雑記】公平と公正と、ときどき平等” の続きを読む

骨粗鬆症の女性におけるアルファカルシドールの骨折予防効果はどのくらいですか?(Endocr J. 1996.)

Effects of 2 years’ treatment of osteoporosis with 1 alpha-hydroxy vitamin D3 on bone mineral density and incidence of fracture: a placebo-controlled, double-blind prospective study.

Shikari M, et al.

Endocr J. 1996.

PMID: 9026268

試験概要

二重盲検試験において、腰椎(L2-4BMD)および全身骨密度(TBBMD)に及ぼすα-ヒドロキシビタミンD3(1α(OH)D3)の効果および骨折の発生を2年間モニターし評価した。

試験参加者

対象は113人の女性骨粗鬆症患者。

試験参加者は0.75μg/日の1α(OH)D3(n = 57)またはプラセボ(n = 56)に振り分けられた。

結果

腰椎L2-4BMDは、1α(OH)D3群で1年および2年後に1.81%および2.32%増加したが、プラセボ群では1.89%および0.28%減少した(P <0.05)。1年後の結果では、両群間に有意差(P <0.01)が認められた。

全身骨密度TBBMDにおいては、プラセボ群では1年後および2年後に3.34%および3.52%有意に減少した(P <0.01)。

コントロール群において、新たな骨折が6つ生じたが、1α(OH)D3群では2つだった(オッズ比 =0.343, 95%信頼範囲; 0.0648〜1.815)。

1α(OH)D3使用による重篤な副作用はなかった。

結論

2年間の1α(OH)D3による治療は、腰部BMDを増加させ、TBBMDの減少を抑制した。有意ではなかったが、1α(OH)D3群における新たな骨折の発生は、対照群の約1/3であった。

コメント

アブストのみ。

先日Lancet Diabetes Endocrinol誌に、骨折予防や転倒予防等も含めた筋骨格系へのビタミンD摂取の効果を検討したシステマティックレビュー&メタ解析が掲載されました(PMID: 30293909, Effects of vitamin D supplementation on musculoskeletal health: a systematic review, meta-analysis, and trial sequential analysis.)。結果としては “効果なし” とのこと。

アメリカではサプリメントを日常的に摂取する人が、日本と比べ多い傾向にあるようです。そういった関心からか、ビタミンやミネラル摂取の効果を検討している臨床研究が今日までに多く報告されています。

しかし海外での検討は、日本で用いられているような活性型ビタミンD3ではなく、いわゆる未活性型のビタミンDそのままです。

活性型と未活性型で効果に差があるのか知りたくなり論文検索しましたところ、今回の論文では、骨粗鬆症と診断された女性が活性型ビタミンD3であるアルファカルシドールを服用すると、骨密度の増加と、有意ではないものの骨折例が少なかったとのこと。小規模な検討ですが二重盲検のようですね。ランダム化はされていないかも。

今更ですが、1 alpha-hydroxy vitamin D3ってアルファカルシドールですよね?

構造式詳しい方教えてください。

ビクトーザ®️は心血管イベントを抑制できますか?(Lancet Diabetes & Endocrinology 2018)

Use of liraglutide and risk of major cardiovascular events: a register-based cohort study in Denmark and Sweden

Svanström H et al.

The Lancet Diabetes & Endocrinology 2018

DOI:https://doi.org/10.1016/S2213-8587(18)30320-6

PMID: 未

試験の背景

臨床試験の結果によれば、グルカゴン様ペプチド-1受容体アゴニストであるリラグルチド(ビクトーザ®️)は、心血管疾患を確立しているか、または心血管リスクが高い2型糖尿病患者の主要な心血管イベントのリスクを有意に低下させる。日常的な臨床診療におけるリラグルチドの心血管効果の評価目的に検討した。

“ビクトーザ®️は心血管イベントを抑制できますか?(Lancet Diabetes & Endocrinology 2018)” の続きを読む

【雑記】ルミガン®️点眼液0.03%のジェネリック医薬品は「ニットー」が良いかもしれない

ルミガン®️点眼液0.03%の後発医薬品は2018年12月14日に発売です

背景

緑内障・高眼圧症治療剤のルミガン®️の後発医薬品が発売する予定です。

いくつかのメーカーから発売される予定ですが、なかでも日東メディック株式会社さんの “ビマプロスト点眼液0.03%「ニットー」” が良さそうだったので理由とともにご紹介したいと思います。

製品の特徴

1.生物学的同等性試験が免除されている

本製品の最大の特徴は「生物学的同等性試験が免除」されている点です。

以下、本製品の添付文書より一部抜粋;

生物学的同等性試験

ビマトプロスト点眼液0.03%「ニットー」は、標準製剤の分析結果に基づき添加剤の種類及び含量(濃度)が標準製剤と同一となるよう処方設計を行ったものであり、pH、粘度、浸透圧などの物理化学的性質が近似することから、生物学的に同等とみなされた。

つまり製造ラインは異なりますが、先発品のルミガン®️と成分・添加剤が同一なのです。個人的にはオーソライズド・ジェネリック(Authorized Generic: AG)と言っても差支えないと思います(メーカーさんはAGとは言ってないです。おそらく原薬の仕入先等が異なります)。

実際に試してみないとわかりませんが、使用感についてもさほど変わらないのではないかと推測されます。

2.配色が似ている

ジェネリック医薬品の使用に抵抗を示す患者さんによると、薬の名前が変わったり、薬剤の外観が変わることに不安を覚えるようです。

ビマプロスト点眼液0.03%「ニットー」は、先発品のルミガンと配色が酷似しています。

ただ容器については、先発品と比べると、やや丸みがあり、柔らかい気がしました。

ルミガン®️と同じ要領で使用すると薬液が出過ぎる恐れがあるのではないかと感じました。

3.容器を落としたときに転がりにくい

本製品の容器は丸みを帯びていますが、先発品と同じく側面は平らなため、誤って手元から滑り落ちても転がりにくい構造になっています。

コメント

興奮して一気に書きなぐってしまいましたが、製品については、多面的観点から非常に配慮されているなと感じました。

プロスタグランジン系の点眼薬は高額なものが多く、1本あたり数千円するものもあります。

治療を続けたいけどお金がないから1日おきで点眼したり、自己判断で治療を中断する人が、ジェネリック医薬品の登場で救われると良いなと思っています。

Conflict of Interest

日東メディック株式会社との間に開示すべき個人的・企業的COIはありません。