川崎病患者への免疫グロブリン投与は早い方が良いですか?(Postgrad Med. 2018)

Delayed intravenous immunoglobulin treatment increased the risk of coronary artery lesions in children with Kawasaki disease at different status.

Qui H et al.

Postgrad Med. 2018 May;130(4):442-447. doi: 10.1080/00325481.2018.1468712. Epub 2018 May 10.

PMID: 29745742

目的

川崎病(Kawasaki disease: KD)は重篤な合併症、特に冠動脈病変(coronary artery lesions: CALs)の発症を伴う全身性血管炎である。

本研究の目的は、異なるKD状態における発病後10日を超える免疫グロブリン静脈内投与(IVIG)治療とCALs発症・増悪リスクを同定することであり、また治療の遅延とCALsとの潜在的関連モデレーターを探索することであった。

“川崎病患者への免疫グロブリン投与は早い方が良いですか?(Postgrad Med. 2018)” の続きを読む