【メモ】QT延長症候群の定義

QT延長症候群(Lomg QT Syndrome: LQTS)とは?

・名称の通り、心電図上のQT時間の延長が特長。Torsade de Pointes(TdP)と呼ばれる多形性心室頻拍を認め、失神や突然死の原因となる。

・特発性、薬剤性が報告されている。

・1920年に発表されたBazett式により心拍数を補正した “修正QT時間”(QTc=QT/√RR)が、男性では440 ms以上、女性では460 ms以上と定義されている。

参考文献

  1. Bazett HC. An analysis of the time-relations of electrocardiograms. Heart. 1920; 7: 353–70.

 

 

 

-Evidence never tells you what to do-




👇 ポチッていただけますと喜びます。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です