PCI治療を受けた急性心筋梗塞患者におけるエフィエント®️ vs. ブリリンタ®️(PRAGUE-18 trial; Circulation 2016)

Prasugrel Versus Ticagrelor in Patients With Acute Myocardial Infarction Treated With Primary Percutaneous Coronary Intervention: Multicenter Randomized PRAGUE-18 Study.

Motovska Z et al.

Circulation. 2016 Nov 22;134(21):1603-1612. Epub 2016 Aug 30.

PMID: 27576777

ClinicalTrials.gov. Number: NCT02808767.

試験の背景

これらの新しいP2Y12阻害剤のより高い有効性がクロピドグレルと比較して最初に実証されて以来、7年間で、ticagrelorおよびプラスグレルの有効性および安全性の無作為化比較が発表されていない。

試験方法

本試験は、直接的または搬送的経皮的冠動脈インターベンションで治療された急性心筋梗塞におけるプラスグレルおよびチカグレロルの有効性および安全性を比較するために考案された。

14施設、1230例の患者を、経皮的冠動脈インターベンション施行前にプラスグレルまたはチカグレロルに無作為に割り当てた。

ほぼ4%が心原性ショックに、5.2%は機械的換気であった。

一次エンドポイントは、①死亡、②再梗塞、③緊急標的血管再建術、④脳卒中、⑤輸血または7日間の入院延長(主に入院期を反映するため)を必要とする重度の出血と定義された。

この分析は、最初の30日間のデータ(重要な副次的エンドポイント)を提示する。全追跡期間は全患者で1年となり、2017年に完了する。

試験結果

本研究は早期に終了した。

主要エンドポイント発生は、プラスグレルとチカグレロル間で差が認められなかった(4.0% vs. 4.1%)。

 オッズ比 =0.98, 95%信頼区間[CI] 0.55〜1.73, P = 0.939

主要エンドポイントのいずれのコンポーネント(①死亡、②再梗塞、③緊急標的血管再建術、④脳卒中、⑤輸血または7日間の入院延長を必要とする重度の出血)にも大きな違いは見られなかった。

心血管死、非致死的心筋梗塞、または脳卒中からなる30日以内の重要な副次的エンドポイント発生は、プラスグレルとチカグレロルの間に有意差を示さなかった(2.7% vs. 2.5%)。

 オッズ比 =1.06, 95%CI 0.53〜2.15, P =0.864

結論

主要な経皮的冠動脈インターベンション戦略で治療された急性期心筋梗塞患者におけるプラスグレルとチカグレロルの直接比較は、虚血性および出血性イベントの予防において、差が認められなかった。

観察された主要アウトカムの割合は類似していたが、推定値の信頼区間が広かった。これらの興味深い観察は、より大規模な臨床試験で確認する必要がある。

KEYWORDS

myocardial infarctionpercutaneous coronary intervention; prasugrel hydrochloride; safety; ticagrelor; treatment outcome


コメント

急性心筋梗塞患者におけるPCI後の2次予防において、チカグレロルとプラスグレルで差は認められなかった。試験結果から早期中止によるイベント発生への影響は、あまりないように感じられた。

どちらもバイアスピリン®️やバファリン®️(アスピリン)と併用する必要があるため、使い所が難しい。またブリリンタ®️については、出血リスク増加の懸念から他の抗血小板薬が使用できない際のDAPT療法で使用するよう保険適用に制限がかけられている。

従来薬よりも薬価が高く、今のところ使う場面があまりないように感じる。

 

 

 

-Evidence never tells you what to do-




👇 ポチッていただけますと喜びます。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です