【雑記】ネコ初心にかえる

しょ‐しん【初心】

[名・形動]
 最初に思い立ったときの純真な気持ち。初志。「初心を貫く」「初心に返る」
 物事の習い始めであること。また、そのさま。初学。
「はがきに二句か三句認めあるは…―なる人の必ずする事なり」〈子規・墨汁一滴〉
 物事に慣れていないこと。世慣れていないこと。また、そのさま。うぶ。
「かれは自分の―なことを女に見破られまいとして」〈花袋田舎教師
 仏教で、めて悟りを求める心を発すること。また、その人。

以上、デジタル大辞泉より引用

私的背景

エピペン注射液の品薄が続いている。安定供給できるようになるのは 2018年4月以降らしい。

ある日、いつも薬局を利用してくれている子供のお母さまから電話があり「手持ちのエピペンの期限が2月できれてしまう。新しいものを貰おうとしたけど、病院の近くの薬局には在庫がないみたい。品薄が続いているようだけど、何とかならないでしょうか」との相談をうけた。

“【雑記】ネコ初心にかえる” の続きを読む