高齢者での降圧は積極的にした方が良いですか?(前向きコホート研究; SHADES; Age Ageing. 2016)

Blood pressure and all-cause mortality: a prospective study of nursing home residents.

Rådholm K, et al.

Age Ageing. 2016.

PMID: 27496923

【目的】

血圧の自然な経過と、養護施設コホートにおける死亡率との関係を調査する。

【方法】

スウェーデン南東部の養護施設入居者406人のコホート(The Study of Health and Drugs in the Elderly, SHADES)を30か月前向きに追跡した。

参加者は、ベースラインでの収縮期血圧(SBP)に基づいて4つのグループに分けられた。

アウトカム測定として総死亡率を使用したCox回帰モデルを使用して、データを分析した。

対応のあるスチューデントt検定を使用して、血圧の経時的変化を評価した。

【結果】

・フォローアップ中に、174人(43%)が死亡した。 SBP 120 mmHg未満の群では、年齢と性別を調整したSBP 120〜139 mmHgの群と比較して、死亡のハザード比が1.56(95%信頼区間 1.08〜2.27)だった。

・栄養失調または現在の栄養失調リスクは、SBP 120 mmHg未満の群で最も一般的だった。

・Mini Nutritional Assessmentを使用して推定された栄養失調または現在の栄養失調リスクは、78(71%)で認められた。

・SBPレベルは、降圧薬の変化とは無関係に時間とともに減少した。

【結論】

養護施設入居者を対象とした本コホートでは、SBP低下が総死亡率の増加と関連していた。SBPは時間とともに減少した。 これは、降圧治療の変更と関連していなかった。

本研究からの臨床的意味は、特別養護老人ホームにおいて、SBPの低い人に特別な注意を払い、体系的な薬物レビューが必要であるということです。


【コメント】

アブストのみ。

平均年齢85歳の電子ベースのコホート研究。収縮期血圧を頑張って120 mmHg未満にする意義は薄そう。

過去の報告と矛盾しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です