重症低血糖は心血管アウトカムや死亡にどのくらい影響しますか?(RCT後付け解析; VADT; Diabetes Care 2019)

Effects of Severe Hypoglycemia on Cardiovascular Outcomes and Death in the Veterans Affairs Diabetes Trial.

Randomized controlled trial

Davis SN, et al.
Diabetes Care. 2019.
PMID: 30455335

【目的】

退役軍人糖尿病試験(VADT)における重症低血糖症の危険因子、および重症低血糖症と重症心血管有害事象や心血管死亡率、そして全死因死亡率との関連性を決定すること。

【研究デザインおよび方法】

VADTデータの事後分析には、既知の心血管疾患やその他の心血管系危険因子の有無にかかわらず、11.5±7.5歳の罹病期間を有する、最適にコントロールされていない2型糖尿病(HbA1c 9.4±2.0%)の退役軍人(年齢60.5±9.0歳)1,791人が含まれた。

参加者は厳格治療群(HbA1c <7.0%)あるいは標準治療群(HbA1c <8.5%)にランダム化された。

【結果】

・厳格治療群における重症低血糖の発生率は、100患者年あたり10.3人であったが、標準治療群では100患者年あたり3.7人だった(P <0.001)。

・多変量解析では、ベースラインでのインスリン使用(P = 0.02)、タンパク尿(P = 0.009)、および自律神経障害(P = 0.01)は重症低血糖の独立した危険因子であり、より高いBMIは保護的(P = 0.017)だった。

・過去3ヶ月以内の重度の低血糖は、重篤な心血管イベント(P = 0.032)、心血管死亡率(P = 0.012)、および総死亡率(P = 0.024)のリスク増加と関連していた。

・しかし、標準治療群では厳格治療群と比較して総死亡リスクが比較的高かった(P = 0.019)。

・重度の低血糖と心血管イベントとの関連は、全体の心血管リスクが増加するにつれて有意に増加した(P = 0.012)。

【結論】

過去3か月以内の重篤な低血糖エピソード発症は、血糖治療グループの割り当てにかかわらず、主要な心血管イベントおよび心血管死亡率および全死亡リスクの増加と関連していた。

標準的な治療法は、重度の低血糖後の全死亡リスクをさらに高めた。


【コメント】

アブストのみ。

VADT試験の後付け解析です。したがって仮説生成的な結果であることに注意。

また参加者は退役軍人であるため、体格が良く、男性の割合が多いことが考えられますので、外挿できる患者層が限られると考えられます。

さて、本研究によると血糖コントロール目標値に関わらず、重症な低血糖エピソードが心血管イベントや総死亡リスク増加に繋がっていた。本研究の結果自体には新規性はなく、したがって過去の報告と矛盾しない。

標準治療群において、重症低血糖エピソード後に総死亡リスクが増加していた理由は、(あまり使いたくない表現ではあるが)血糖スパイクで一応の説明がつく。

過度の血糖変動は負担になりそうですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です