糖尿病治療における最初の薬剤は何が良いですか?(後向きコホート研究; JAMA Intern Med. 2014)

Initial choice of oral glucose-lowering medication for diabetes mellitus: a patient-centeredcomparative effectiveness study.

Berkowitz SA et al.

JAMA Intern Med. 2014 Dec;174(12):1955-62.

doi: 10.1001/jamainternmed.2014.5294.

PMID: 25347323

【研究の重要性】

経口血糖低下薬は多くのクラスが承認されているが、糖尿病治療法の初期選択を導くための比較有効性証拠はほとんど存在しない。

【目的】

治療初期に使用された経口血糖低下薬クラスの効果および、その後の治療強化および4つの短期的な有害臨床イベントの必要性を決定すること。

【試験デザイン、設定、および参加者】

本試験は、2009年7月1日から2013年6月30日まで経口血糖降下薬を処方されていたAetna(大規模国民健康保険会社)の完全保険加入者である患者を対象とした後ろ向きコホート研究。初回処方の1日の終わりの供給から90日以内に世界保健機関の定義された1日量以上の用量で満たした同クラス薬の2回目の処方を調べた。他の経口グルコース低下薬の暫定処方を受けた個人は除外された。

【暴露】

メトホルミン、スルホニル尿素、チアゾリジンジオン、またはジペプチジルペプチダーゼ4阻害剤による治療の開始。

【主要アウトカムと測定】

第二の経口薬またはインスリンを追加されるまでの時間、低血糖症、他の糖尿病関連の救急部門の訪問、および心血管イベントについて、それぞれの成分を別々に検討した。

【結果】

合計15,516人の患者が選択基準を満たし、そのうち8,964人(57.8%)がメトホルミンによる治療を開始した。

未調整の分析では、メトホルミン以外の薬物使用は、第2の経口薬、インスリン、第2の薬剤またはインスリンを追加するリスク増加と有意に関連していた(全て P <0.001)。

傾向スコアおよび多変量調整Cox比例ハザードモデルでは、スルホニル尿素による治​​療の開始(ハザード比[HR] =1.68; 95%CI 1.57〜1.79)、チアゾリジンジオン(HR =1.61; 95%CI 1.43〜1.80)、そしてジペプチジルペプチダーゼ4阻害剤(HR =1.62; 95%CI 1.47〜1.79)は、増悪のリスク増加と関連していた。

メトホルミンに代わるものは、低血糖症、救急部門の訪問、または心血管イベントのリスクの低下と関連していなかった。

【結論と関連性】

診療ガイドラインの推奨にもかかわらず、メトホルミンによる糖尿病治療を始めたのはわずか57.8%だった。メトホルミンによる治療開始は、低血糖または他の有害な臨床的イベントの発生率に差がないが、その後の治療強化の減少と関連していた。これらの知見は、生活の質と投薬コストに大きな影響を及ぼす。


【コメント】

アブストのみ。

メトグルコ®️(メトホルミン)を使用するとコスパ良さそうだよ、という結果。あくまで後向き研究であるため仮説生成だが、興味深い研究。

続報に期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です