禁煙率においてニコチン補充療法と禁煙コントロール療法どちらが優れていますか?(SR&MA; Cochrane Database Syst Rev. 2018)

Nicotine replacement therapy versus control for smoking cessation.

Hartmann-Boyce J, et al. Cochrane Database Syst Rev. 2018.

PMID: 29852054

【背景】

ニコチン補充療法(NRT)は、たばこから摂取していたニコチンの大部分を、一時的に代替的に補充して、喫煙への動機づけおよびニコチン離脱症状を軽減し得る。したがって、たばこを介した喫煙から完全な禁煙への移行を容易にすることを目的としている。

【目的】

プラセボまたは「NRTなし」介入と比較して、長期禁煙を達成するための、ガム、経皮パッチ、鼻腔内スプレー、吸入製剤および経口製剤を含むニコチン補充療法(NRT)の有効性と安全性を決定すること。

【検索方法】

Cochrane Tobacco Addiction Groupの試験で、「NRT」または任意の種類のニコチン補充療法に言及している論文をタイトル、要約またはキーワードで検索した。最新の検索日は2017年7月です。

【選択基準】

NRTをプラセボまたは無治療と比較したランダム化比較試験で治療モチベーションについて検討した試験を対象とした。

妊婦を除いて、禁煙率を報告しなかった試験、および追跡期間が6ヶ月以内の試験を除外した(6ヶ月以内の場合、これらは主たる分析から除外された)。

NRTとプラセボを比較した包含および除外研究からの有害事象を記録した。 NRTの種類、期間、投与量を比較した研究、およびNRTを他の薬物療法と比較した研究は別のレビューでカバーされているためである。

【データ収集と分析】

スクリーニング、データ抽出および「偏りのリスク」評価は、標準的なコクラン法に従った。

主要アウトカムの尺度は、少なくとも6ヶ月間の追跡調査の後、禁煙したこととした。

各試験におけ?禁欲の最も厳密な定義と、可能であれば生化学的に検証された率を解析データとして利用し各研究のリスク比(RR)を計算した。

適切な場合は、Mantel-Haenszel固定効果モデルを使用してメタアナリシスを実行した。

【主な結果】

合計136の研究を同定した。 64,640人の参加者を含む133試験が、あらゆる種類のNRTとプラセボまたは非NRT対照群との一次比較に貢献した。

大部分の研究は成人を対象に実施され、男性と女性の数は同程度だった。

研究に参加した人々は通常、研究開始時に1日に少なくとも15本のタバコを吸っていた。我々は喫煙状況についてのエビデンスを質の高いものと判断した。

ほとんどの研究においてバイアスリスクが高いか不明確であると判断したが、分析をバイアスリスクが低い研究のみに限定しても結果は有意に変化しなかった。

・対照と比較した任意の形態のNRTについての禁欲のRRは1.55であった(95%信頼区間(CI)1.49〜1.61)。

・各タイプのプールされたRRは、ニコチンガムに対して1.49(95%CI 1.40〜1.60、56研究、22,581例)であった。

・ニコチンパッチについてはRR =1.64(95%CI 1.53〜1.75、51試験、25,754例)。

・経口錠剤/ロゼンジについてはRR =1.52(95%CI 1.32〜1.74、8試験、4439例)。

・ニコチン吸入器に対してはRR =1.90(95%CI 1.36〜2.67、4研究、976例)。

・ニコチン鼻腔スプレーの場合はRR =2.02(95%CI 1.49〜2.73、4試験、887例)。

これらの効果は、禁欲の定義、提供された追加支援の強度、またはNRTが提供された状況とはほとんど無関係であった。

・妊娠中の女性を対象とした6試験のサブセットで、出産時期に近い禁欲に対するNRTの統計的に有意な有益性が認められた(RR =1.32、95%CI 1.04〜1.69、2,129例)。

・しかし分娩後の参加者を追跡した4試験では、もはや結果は統計的に有意ではなかった(RR =1.29、95%CI 0.90〜1.86、1675例)。

NRT使用による有害事象は製品の種類に関連しており、パッチによる皮膚の刺激、ガムや錠剤による口の内側への刺激などが報告されている。

様々な有害作用の発生率を定量的に総合する試みは、症状の性質、時期および期間を報告する際の広範な変動によって妨げられた。対照と比較した、あらゆる形態のNRTの胸痛または動悸のオッズ比(OR)は1.88であった(95%CI 1.37〜2.57、15試験、11,074例)。しかし、胸痛や動悸は両群ともまれであり、重篤な有害事象についても極めてまれだった。

【レビューアの結論】

認可されたNRTのすべての形態(ガム、経皮パッチ、鼻腔用スプレー、吸入器、舌下錠/ロゼンジ)が禁煙を試みることで禁煙を成功させる可能性が高まるという質の高いエビデンスがみとめられた。

NRTは、設定にかかわらず、禁煙率を50%から60%向上させた。それ以上の研究によって、効果推定に対する本試験結果の信頼が変わる可能性は非常に低いと考えられた。

NRTの相対的な有効性は、個人に提供される追加支援の強度とはほとんど無関係であるように思われた。より強いレベルの支援を提供することは、禁煙治療の可能性を促進するのに有益であるが、NRTの成功に不可欠ではない。

NRTはしばしばそれが投与される部位に軽度の刺激を引き起こし、まれに非虚血性胸痛および動悸を引き起こすことがあります。


【コメント】

アブストのみ。

ニコチン補充療法において、どの治療方法を選択したとしても効果は得られていた。なかでも鼻腔スプレーによる禁煙効果が高かった。

胸痛発作リスクは限りなく少ないがゼロではなかった。

NRTの有効性については充分に検討されてきたと感じた。今後は有害事象の起きやすい患者の背景因子の調査に注力する必要があると考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です