楽観主義な人は心血管イベントや死亡率が低いかもしれない(; JAMA Netw Open. 2019)

Association of Optimism With Cardiovascular Events and All-Cause Mortality: A Systematic Review and Meta-analysis.

Rozanski A, et al.

JAMA Netw Open. 2019.

PMID: 31560385

【研究の重要性】

楽観と悲観は簡単に測定でき、心血管リスクおよひ総死亡に関連する潜在的に修正可能な考え方である。

【目的】

将来の心血管イベントと総死亡率に対する楽観とリスクとの関連についてメタ分析と系統的レビューを実施する。

【データソースと研究の選択】

PubMed、Scopus、およびPsycINFOの電子データベースは、開始から2019年7月2日まで体系的に検索され、楽観主義と悲観主義、心血管イベントおよび/または総死亡の関連を調査するすべてのコホート研究を特定した。

次の医学主題の見出し用語を検索に利用:楽観主義、楽観的説明スタイル、悲観主義、アウトカム、エンドポイント、死亡率、死亡、心血管イベント、脳卒中、冠動脈疾患、冠動脈心疾患、虚血性心疾患、および心血管疾患。

【データの抽出と合成】

2人の調査員(A.R.とC.B.)がデータを個別にスクリーニングおよび抽出した。

調整された効果の推定値を使用し、Hartung-Knapp-Sidik-Jonkman変量効果モデルを使用してプール分析を実行した。 感度とサブグループ分析は、調査結果の堅牢性を評価するために実行された。

疫学の観察研究のメタ分析(MOOSE)の報告ガイドラインに従った。

【主なアウトカムと測定】

心血管イベントには、致命的な心血管死亡、致命的でない心筋梗塞、脳卒中、および/または新規発症の狭心症の複合が含まれていた。 すべての原因による死亡率は、別のアウトカムとして評価された。

【結果】

・229,391人の参加者から成る15の研究が検索され、そのうち10の研究が心血管イベントに関するデータを報告し、9つの研究が総死亡に関するデータを報告した。

・平均追跡期間は13.8年(範囲 2〜40年)だった。プール分析では、楽観主義は心血管イベントのリスク低下と有意に関連しており(相対リスク =0.65; 95%CI 0.51〜0.78; P <0.001)、分析の不均一性が高かった(I2 =87.4%)。

・同様に、楽観主義は総死亡のリスク低下と有意に関連しており(相対リスク =0.86; 95%CI 0.80〜0.92; P <0.001)、中程度の不均一性(I2 =73.2%)があった。

・評価、追跡期間、性別、うつ病やその他の交絡因子の調整のための方法によるサブグループ分析でも、同様の結果が得られた。

【結論と関連性】

調査結果は、楽観主義が心血管イベントと総死亡のリスク低下と関連していることを示唆している。

将来の研究では、この関連の根底にある生物行動メカニズムをより明確に定義し、楽観主義を促進するか悲観主義を軽減するように設計された介入の潜在的な利益を評価する必要がある。


【コメント】

アブストのみ。

楽観主義による心血管イベントや総死亡リスクの低下が示唆された。統合された研究はどれも観察研究であるため、因果関係ではなく、あくまで相関関係。

しかし心労と各イベントとの関係性を説明するための良い論文であると感じました。

というか、論文情報あるなしに関わらず、なんでも楽しみながらやりたいなっていう個人的な想いがありますね。Easygoing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です