成人スティル病患者におけるアクテムラ®️の効果はどのくらいですか?(メタ解析;Mod Rheumatol. 2018)

Efficacy and safety of tocilizumab with inhibition of interleukin-6 in adult-onset Still’s disease: A meta-analysis.

Ma Y, et al.
Mod Rheumatol. 2018.
PMID: 29251027

【目的】

トシリズマブ(TCZ)は現在インターロイキン-6を阻害する唯一の利用可能な生物製剤であり、そしてインターロイキン-6の血清レベルの上昇が成人発症型スティル病(adult-onset Still’s disease, AOSD)の病因の重大な関連であるという新たなエビデンスが考えられている。

ただし、AOSDにおけるTCZの有効性と安全性についての強固なエビデンスはまだ不足している。

したがって、本メタアナリシスはAOSDに対するTCZの有効性と安全性を総合的に評価するために行われた。

【方法】

PubMed、Web of Science、コクラン図書館、中国国家知識基盤、および中国生物医学文献データベースを適切な研究のために2017年7月31日まで包括的に検索した。

プールされた寛解率は、不均一性に依存して、固定効果モデルまたはランダム効果モデルによって合成された。

【結果】

10件のオリジナル研究、計147件の個人が分析に含まれた。

部分的および完全寛解率はそれぞれ85.38(95%CI 69.32〜96.88%)および77.91%(95%CI 57.91〜90.04%)であり、難治性患者の寛解率は87.92%(95%CI 56.53〜100.00%)

【結論】

TCZの使用はAOSD患者のためのコルチコステロイドの必要性をかなり減らすことができた。

臨床的および実験室的パラメータの両方において印象的な改善が達成された。

従来の治療法と比較して、TCZ治療は安全だった。

結論として、TCZは有効であり、AOSDの治療に対して十分に許容された。


【コメント】

アブストのみ。

スティル病という疾患を初めて知りました。基本的な治療はステロイドのようですね。プレドニゾロン30〜60mgで使用するようです。

さて、アクテムラ®️の適応症は2019年7月31日現在3種類です。

○既存治療で効果不十分な下記疾患
①関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)
②高安動脈炎、
③巨細胞性動脈炎

本疾患を大まかに捉えるのに難病情報センターのスティル病のページがわかりやすかったです。

以下、難病情報センターから引用;

子供に発症する「スチル病」に良く似た症状を示し、16歳以上に発症する疾患を「成人発症スチル病(成人発症スティル病)」と呼ぶ。1971年に初めてその存在が報告された

膠原病の中に含まれが、リウマチ因子や抗核抗体など自己抗体は陰性で、自己炎症性疾患に入る可能性もある。

特徴的な症状は、リウマチ因子陰性(血清反応陰性)の慢性関節炎(いくつもの関節が痛み、腫れて熱感を有す)、かゆみを伴わない移動性の淡いピンク色の皮疹(発熱とともに出現し解熱すると消失)と午前中は平熱で夕方から夜にかけて40に達する高熱(このような熱型を弛張熱(しちょうねつ)と言

表1:
成人発症スチル病分類基準 
大項目
1.39以上の発熱が1週間以上持続
2.関節痛が2週間以上持続
3.定型的皮疹 
4.80%以上の好中球増加を伴う白血球増加(10000/ml以上)
小項目
1.咽頭痛 
2.リンパ節腫脹または脾腫 
3.肝機能異常
4リウマトイド因子陰性および抗核抗体陰性 
除外項目
I.感染(特に敗血症、伝染性単核球症) 
II.悪性腫瘍(特に悪性リンパ腫)
III.膠原病(特に結節性多発動脈炎、悪性関節リウマチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です