慢性腎障害の進行と心血管イベントリスクに対するザイロリック®️の効果はどのくらいですか?(Clin J Am Soc Nephrol. 2010)

Effect of allopurinol in chronic kidney disease progression and cardiovascular risk.

Randomized controlled trial

Goicoechea M, et al.
Clin J Am Soc Nephrol. 2010.

PMID: 20538833

背景と目的

高尿酸血症は高血圧、炎症、腎疾患の進行、および心血管疾患に関連している。しかし、慢性腎臓病患者におけるアロプリノールの効果に関するデータはない。

デザイン、設定、参加者、測定

推定GFR(eGFR)が60ml /分未満の患者113人を対象にした前向きランダム化試験を実施した。

患者は、アロプリノール100 mg / dによる治療(n = 57)または通常の治療を継続する(n = 56)ために無作為に割り当てられた。臨床的、生化学的、および炎症性のパラメータは、ベースラインおよび治療の6、12、24ヶ月目に測定されました。

研究のアウトカムは以下の通りである:(1)腎疾患の進行。(2)心血管イベント。(3)何らかの原因による入院

結果

血清尿酸およびC反応性タンパク質レベルは、アロプリノールで治療された被験者で有意に減少した。

対照群では、治療開始24ヶ月後にeGFRは1.73m(2)あたり3.3±1.2ml /分 減少し、アロプリノール群では、1.3±1.3ml /分 増加した。

アロプリノールによる治療は、年齢、性別、糖尿病、C反応性タンパク質、アルブミン尿、およびレニン – アンジオテンシン系遮断薬の使用とは無関係に、腎疾患の進行を遅らせた。

23.4±7.8ヶ月の平均追跡期間の後、22人の患者が心血管イベントを起こした。真性糖尿病、冠状動脈疾患の既往およびC反応性タンパク質レベルは心血管リスクを増加させた。

アロプリノールによる治療は、標準治療と比較して71%の心血管イベントのリスクを軽減した。

結論

アロプリノールはC反応性タンパク質を減少させ、慢性腎臓病患者における腎臓病の進行を遅らせる。さらに、アロプリノールの使用は心血管リスクおよび入院リスクを軽減し得る。


コメント

アブストのみ。

100と、サンプルサイズ小さめだが有益な結果。仮説生成として捉えたいところ。

23.4±7.8か月の平均追跡期間の後、心血管イベントが22件発生した。その内訳は、対照群15例、アロプリノール群で7例。

心血管イベントは、うっ血性心不全8例、虚血性冠動脈イベント7例、脳血管障害5例、末梢動脈症1例、および不整脈1例。

カプランマイヤー生存率は、アロプリノール群の方が対照群より心血管リスクが低いことを示した(ログランク:4.25; P = 0.039)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です