小児喘息患者におけるシングレア®️/キプレス®️の安全性はどのくらいですか?(コホート内症例対照研究; J Pediatr. 2019)

Montelukast and Neuropsychiatric Events in Children with Asthma: A Nested Case-Control Study.

Glockler-Lauf SD, et al.

J Pediatr. 2019.

PMID: 30905424

【目的】

喘息児におけるモンテルカスト処方と神経精神医学的イベントとの関連を調べる。

【研究デザイン】

2004年から2015年にカナダのオンタリオ州で喘息維持薬を処方された5歳〜18歳の患児コホートの症例およびコントロールを特定するために、コホート内症例対照デザインが使用された。

症例は、精神神経イベントのために入院または救急部門を訪れた子供たちだった。症例は、誕生年、喘息診断の年、および性別で最大4つの対照と一致した。

暴露としては、モンテルカストの処方薬を調剤され(yes / no)、インデックス日より前の年に調剤されたモンテルカストの処方数とした。条件付きロジスティック回帰を使用して、モンテルカスト処方および神経精神医学的イベントの未調整オッズ比(Odds Ratio, OR)および調整OR(adjusted Odds Ratio, aOR)および95%信頼区間(Confidence Interval, CI)を測定した。調整されたモデルの共変量には、社会人口学的要因と喘息の重症度の尺度が含まれていた。

【結果】

・神経精神医学的イベント898例と一致したコントロール3,497例が含まれていた。

・新たに発症した神経精神医学的イベントを経験した患児は、コントロールと比較してモンテルカストが処方された確率がほぼ2倍だった。

★ OR =1.91, 95%CI 1.15〜3.18; P = 0.01

・神経精神医学的イベントのほとんどは、不安(48.6%)および / または睡眠障害(26.1%)が認められました。

【結論】

新たに発症した神経精神医学的イベントを経験した喘息の子供は、イベントの前年にモンテルカストを処方された確率のほぼ2倍だった。

臨床医は、処方の実践と臨床的フォローアップを知らせるために、喘息の子供におけるモンテルカストと神経精神医学的イベントとの関連を認識すべきである。


【コメント】

アブストのみ。

以前から懸念されていたモンテルカストの神経精神医学的リスク。コホート内症例対照研究であるため、あくまで仮説生成的な結果。少なくとも2ヶ月の使用によるリスク増加の可能性が認められている。累積用量については不明。そもそもアレルギー疾患を有することが精神疾患リスクであるとの報告もある。

続報を待ちたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です