小児の風邪症状はどのくらい継続しますか?(観察研究; Pediatr Infect Dis J. 2008)

Symptom profile of common colds in school-aged children.

Pappas DE et al.

Pediatr Infect Dis J. 2008 Jan;27(1):8-11.

PMID: 18162930

【背景】

幼児で報告される風邪の兆候と症状は、世話人によって知覚されるものである。客観的な兆候には、咳、発熱、くしゃみが含まれる。主観的な症状には、鼻づまり、発熱、頭痛、のどの痛みが含まれる。

学齢期の子供は、自己報告できるため、風邪の際に症状プロファイルのより正確な状態を提供する場合がある。

【方法】

一般的な兆候と症状をリスト化し、事前印刷された日記シートを使用して、風邪の発症後10日間、学齢期の子供のために記録をつけた。

鼻咽頭吸引物は、呼吸器ウイルスと潜在的な細菌病原体について分析された。

【結果】

・研究された風邪81例のうち、最も一般的な症状は鼻づまりと鼻水だったが、最も一般的な徴候は咳とくしゃみだった。

・発熱や頭痛など、その他の症状は、発症時の子供の15%でそれぞれ報告された。

・大半の子供(73%)は、発症後10日間症状を示し続けた。エピソードの29%のうち、46%のライノウイルスと1つ以上の潜在的な細菌性病原体(肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラカタルハリス)が検出された。

・ライノウイルスによる病気および潜在的な病原菌が検出された病気の症状プロファイルは、他の病気と違いはなかった。

【結論】

学齢期の子供の一般的な風邪は、鼻づまり、咳、鼻水が特徴だった。

通常、徴候と症状は少なくとも10日間続く。


【コメント】

アブストのみ。

5〜11歳を対象とした研究。自分の子供を見ていても思いますが、風邪の症状って結構長引くな〜っと。10日って結構長いですよね。

研究結果の詳細は次の通り;

・合計81の風邪エピソードが学齢期の子供で研究された。秋には51のエピソード、冬には19のエピソード、春には11のエピソードがあった。

・風邪81例のそれぞれで、10日間連続の日記が収集された。ライノウイルスRNAは81エピソードのうち37で検出され(46%)、25で1つ以上の潜在的に病原性の呼吸器細菌(29%)が検出された。

・報告された最も一般的な症状は鼻づまりと鼻水だったが、報告された最も一般的な兆候は咳とくしゃみだった。これらの兆候と症状は、発症後最初の1週間持続した。

鼻づまりは、病状発症日の59%で報告され、3日目までに88%でピークに達し、7日目まで75%以上で持続した。

は発症日の46%に発症し、1日目は69%でピークに達し、8日目までは50%以上で持続した。

鼻水は3日目に72%でピークに達し、6日目まで50%以上で持続した。

くしゃみは発症日の36%にみられ、1日目は55%でピークに達し、5日目まで35%以上で持続した。

・発病時の小児の15%で発熱が報告されたが、これは最初の3日間で減少した。

頭痛は、発症日の子供の15%、1日目の最大20%、および病気の4日目までの約15%で報告された。

嘔吐および下痢はまれだった。子どもの大部分(73%)は、病気の発症から10日後に症状を示したままだった。

・子供81人の半数以上(55%)が、病気の間に少なくとも1回は市販薬(解熱剤、鎮咳剤、抗ヒスタミン剤)による治療を受けた。医師の診察を受けたり、抗生物質を投与された人はいなかった。

・81例のすべての病気、37のライノウイルス、および潜在的に病原菌が検出された25の病気の個々の症状プロファイルは類似していた(data not shown)。

・他のウイルス(RSV — 11例; パラインフルエンザ — 5例; インフルエンザA — 4例; コロナウイルス229 — 2例)による感染数は、分析するには少なすぎた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です