小児の夜間咳嗽および睡眠の質に対するハチミツ、メジコン®️の効果はどのくらいですか?(RCT; Arch Pediatr Adolesc Med. 2007)

Effect of honey, dextromethorphan, and no treatment on nocturnal cough and sleep quality for coughing children and their parents.

Randomized controlled trial

Paul IM, et al.
Arch Pediatr Adolesc Med. 2007.
PMID: 18056558

TRIAL REGISTRATION: clinicaltrials.gov Identifier: NCT00127686.

【目的】

小児の上気道感染症に伴う夜間の咳嗽と睡眠困難に対するソバ科ハチミツまたは蜂蜜風味のデキストロメトルファン(DM)の単回投与の効果を比較した。

【試験デザイン】

前日の夕方に投薬が行われなかったときのプレゼンテーションの日と、次に就寝前に蜂蜜、蜂蜜風味のDM、または治療が行われなかった翌日の2日間連続して調査を両親に実施した。部分的二重盲検無作為化スキームに従って。

【設定】

単一施設の外来患者。一般的な小児科診療。

【試験参加者】

2〜18歳の上気道感染症、夜間症状、および罹病期間が小児155人。

【介入方法】

就寝30分前にソバハチミツ、またはハチミツ風味DMの単回投与、あるいは無治療。

主要アウトカム測定

咳の頻度、咳の重症度、厄介な咳の性質、および子供と親の睡眠の質。

【結果】

治療群間で症状改善に有意差が認められ、ハチミツが一貫して最善を記録し、無治療が最悪を記録した。

ハチミツは咳の頻度および総合スコアに関して無治療よりも有意に優れていたが、DMによる治療はいずれのアウトカムについて無治療よりも優れていなかった。

DMとハチミツを比較しても、有意差は見られませんでした。

【結論】

ハチミツ、DM、および無治療の比較において、両親は、子供の夜間の咳嗽の症状の軽減および上気道感染による睡眠困難のために蜂蜜を最も有利に評価した。

ハチミツは、小児期の上気道感染症に伴う咳や睡眠障害のための好ましい治療法であるかもしれません。


【コメント】

アブストのみ。

単施設での検討。一般化するにはパワー不足かもしれない。

またソバハチミツは独特な匂いと苦味があるため、通常のハチミツとの違いは明らかである。そもそもブラインドできていたのか気になるが、本結果に影響するほどの効果はないと考えられる。

個人的に印象的だったのが、有意差は無いがデキストロメトルファンよりも優れていそうだったこと。そこまでの差はないかもしれませんが、薬を使うよりもハチミツで症状緩和するならば、私はハチミツを選択すると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です