人生における認知機能のピークは何歳ですか?(Psychol Sci. 2015)

When does cognitive functioning peak? The asynchronous rise and fall of different cognitive abilities across the life span.

Hartshorne JK, et al.
Psychol Sci. 2015.
PMID: 25770099

【背景】

どのように、そしていつ認知変化が生涯にわたって起こるかを理解することは、正常および異常な発達および加齢を理解するための前提条件である。

しかし、認知の変化に関するほとんどの研究は、幅広い年齢層を比較すること、または年齢範囲にわたってスパースサンプリングを行うことに依存しているため、微妙だが理論的には有益な寿命の変化を検出する能力に制約がある。

本研究では、48,537人のオンライン参加者からの収束したエビデンスと、標準化されたIQおよびメモリテストからの規範的データの包括的な分析を提示する。

【結果】

認知能力のピーク時にかなりの異質性があることが明らかとなった。

成人の早い時期にいくつかの能力が安定し、30代で低下し始めた。被験者が40代以上になるまでピークには達しなかった。

【結論】

これらの知見は成熟および年齢に関連した衰退の微妙な理論を動機付けており、そこでは複数の解離可能な因子が異なる認識領域に異なる影響を与える。

図1 年齢と脳機能:BUSINESS INSIDER より引用


【コメント】

アブストのみ。

あくまで本コミュニティ48,537人においてですが、各能力のピークは図1のような推移を示した。

まさか認知機能の向上が43歳まであるとは思っていませんでした。個人的には30歳前後ぐらいまでだと勝手に思い込んでいました。

やはり前提を疑うことは重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です