アトピー性皮膚炎を放置していると心血管リスクが増加する?(イギリス人口ベース コホート研究;BMJ 2018)

Severe and predominantly active atopic eczema in adulthood and long term risk of cardiovascular disease: population based cohort study

Silverwood RJ et al.

BMJ 2018; 361: k1786

PMID: 29792314

【目的】

アトピー性湿疹の成人が心血管疾患のリスクが高いかどうか、およびアトピー性湿疹の重症度と状態の活動性によってリスクが経時的に変化するかどうかを調査する。

【試験タイプ

集団ベースの一致コホート研究。

【設定】

臨床診療研究データリンク、病院エピソード統計からの英国の電子健康記録、および1998年から2015年の国家統計局からのデータ。

【参加者】

アトピー性湿疹の診断を受けた成人患者と、アトピー性湿疹のない最大5人までの成人をマッチさせた(因子:年齢、性別、一般診療、および暦時間)。

【主なアウトカムの措置】

心血管転帰(心筋梗塞、不安定狭心症、心不全、心房細動、脳卒中、および心血管死)。

【結果】

・アトピー性湿疹の患者387,439人は、アトピー性湿疹のない患者1.,528,477人と一致した。コホート登録時の年齢の中央値は43歳で、66%は女性でした。

・追跡期間の中央値は5.1年でした。アトピー性湿疹患者の致命的ではない一次転帰のハザードが10%から20%増加したという証拠は、一致セットで層別化されたCox回帰分析を使用して発見された。

・アトピー性湿疹の重症度と強い用量反応関係がみとめられた。

・重度のアトピー性湿疹の患者は、脳卒中のリスクが20%増加し(ハザード比 =1.22、99%信頼区間 1.01〜1.48)、心筋梗塞、不安定狭心症、心房細動、および心血管、死亡リスクが40%から50%増加、心不全リスクの70%増加した(ハザード比 =1.69、99%信頼区間 1.38〜2.06)。

・最も活発なアトピー性湿疹(フォローアップの50%を超える活動性)を有する患者も、心血管アウトカムのリスクが高くなった。

・重度のアトピー性湿疹については関連性が持続したものの、潜在的なメディエーターとしての心血管リスク因子の追加調整により、ポイント推定値が部分的に減衰した。

【結論】

重度で主に活動性のアトピー性湿疹は、心血管アウトカムのリスク増加と関連している。これらの患者の心血管疾患予防戦略をターゲットにすることを検討する必要がある。


【コメント】

アブストのみ。

電子データを用いたコホート研究。アトピー性皮膚炎のコントロールが不良だと、心血管イベントのリスクが増加する可能性が示唆された。

心血管イベントが血管、とくに内皮細胞の炎症に起因すると考えると、一応納得がいく。

アトピー性皮膚炎のアンコントロールはQOLの低下を招くだけではない、ということでしょうか。

続報に期待。

-Evidence never tells you what to do-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です