アテローム性心血管疾患患者におけるスタチン遵守と死亡率との関連(JAMA Cardiol. 2019)〜スタチンをちゃんと飲んだ方が良いですか?〜

Association of Statin Adherence With Mortality in Patients With Atherosclerotic Cardiovascular Disease.

Rodriguez F et al.

JAMA Cardiol. 2019.

PMID: 30758506

試験の重要

スタチンはアテローム性心血管疾患(ASCVD)患者の死亡率を低下させますが、スタチンの服用遵守は依然として最適とは言えない。

試験の目的

安定したスタチン処方を受けているASCVD患者におけるスタチンの服薬遵守と死亡率との関連性を決定すること。

デザイン、設定、および参加者

後向きコホート分析には、2013年1月1日から2014年4月までの間に退役軍人医療制度内で治療を受けた、21歳から85歳までの患者が含まれた。

またInternational Classification of Diseases(Ninth Revision, Clinical Modification codes)を1つ以上有し、過去2年間にスタチン処方の強度変更なしに2日以上ASCVDを有す患者が含まれた。

暴露

スタチン服薬遵守は、薬物保有率(MPR)によって定義された。

順守レベルは、50%未満、50%〜69%、70%〜89%、および90%以上のMPRとして分類された。

二分法分析では、アドヒアランスは80%以上のMPRとして定義された。

主な結果と測定

主要アウトカムは、人口統計学的および臨床的特徴、ならびに他の心臓関連薬物療法の順守について調整された全原因死亡であった。

結果

安定したスタチン処方を受けたASCVDの適格成人347,104人のうち、5,472人(1.6%)が女性、284,150人(81.9%)が白人、36,208人(10.4%)がアフリカ系アメリカ人、16,323人(4.7%)がヒスパニック系、4,093人(1.2%)が太平洋諸島系、1293人(0.4%)がネイティブアメリカン、1,145人(0.3%)がアジア人、そして1,794人(0.5%)がその他の人種でした。 中強度スタチン療法を受けている患者は、高強度スタチン療法を受けている患者よりもアドヒアランスが高かった(オッズ比[OR] =1.18, 95%CI 1.16〜1.20)。 少数派のグループである女性では、アドヒアランスが低かった(OR =0.89, 95%CI 0.84〜0.94)。 若年および高齢の患者は、65〜74歳の成人と比較してアドヒアランスが低下しやすかった。 平均2.9(SD 0.8)年の追跡期間中に、85,930人が死亡した(24.8%)。最もアドヒアランスが高い患者(MPR≧90%)と比較して、MOR 50%未満の患者では、ハザード比(HR)=1.30(95%CI 1.27〜1.34:臨床的特徴および他の心臓関連薬アドヒアランスで調整された)、MPR 50%〜69%の患者では、HR =1.21(95%CI 1.18〜1.24)、MPR 70%〜89%の患者ではHR =1.08(95%CI 1.06〜1.09)だった。

結論と関連性

ASCVDの退役軍人患者の全国サンプルを使用して、スタチン療法の低コンプライアンスがより大きな死亡リスクと関連していることを発見した。

女性、少数民族、若年成人、および高齢者はスタチンを服用する可能性が低かった。

本調査結果は順守を改善するための方法を見出すことの重要性を強調している。


コメント

アブストのみ。

人口ベースの後向きコホート研究。退役軍人ベースな部分が気になる。退役軍人のデータベースには、体格が良い男性が多いためである。

結果としてはスタチンのアドヒアランスが良い方が死亡リスクが低いとのこと。

70〜80%飲めていれば良さそうな値です。というか服薬アドヒアランス50%未満の場合、服薬時点変えるか、HR =1.3ならば一旦中止してみるのは如何だろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です