【AMR対策】ステロイドで治療中の喘息患者に対する抗菌薬の追加効果はどのくらいですか?(JAMA Intern Med. 2019)

Association of Antibiotic Treatment With Outcomes in Patients Hospitalized for an Asthma Exacerbation Treated With Systemic Corticosteroids.

Stefan MS, et al.
JAMA Intern Med. 2019.

PMID: 30688986

研究の重要性

専門家協会のガイドラインでは、喘息増悪の治療における経験的な抗生物質の使用を推奨していませんが、抗生物質の処方率が高いことが米国などで報告されています。

研究の目的

喘息のために入院しコルチコステロイドで治療された患者の中で、追加の抗生物質治療とアウトカムとの関連を決定すること。

デザイン、設定および参加者

2015年1月1日から2016年12月31日までの間に542人の米国の急性期病院で喘息増悪のために入院し、全身性コルチコステロイドで治療された19,811人の成人のデータの後ろ向きコホート研究。

暴露

早期抗生物質治療。入院の最初の2日間に開始され、最低2日間処方される抗生物質による治療と定義された。

主なアウトカムと尺度

主なアウトカムの尺度は入院期間とした。その他のアウトカムについては、退院後30日以内の治療失敗(機械的換気の開始、入院2日後の集中治療室への移動、院内死亡率、または喘息による再入院)、抗生物質関連下痢であった。

多変量調整、傾向スコアマッチング、傾向重み付け、および機器変数分析を用いて、抗生物質治療とアウトカムとの関連性を評価した。

結果

19,811人の患者のうち、年齢の中央値(四分位範囲[IQR])は46(34-59)歳で、14,389(72.6%)が女性、8,771(44.3%)が白人、そして健康保険のうちMedicareが5,120(25.8%)と主要フォームだった。

抗生物質は8,788人(44.4%)の患者に処方された。

抗生物質を使用しなかった患者と比較して、抗生物質を使用した患者はより年齢が高く([IQR]年齢中央値、48 [36-61] vs. 45 [32-57]歳)、白人(48.6% vs. 40.9%)、喫煙者(6.6% vs. 5.3%)であり、また並存疾患数が多かった(例:うっ血性心不全 6.2% bs. 5.8%)。

抗生物質で治療された患者では、有意に入院期間が長かった(中央値[IQR]4 [3-5] vs. 3 [2-4]日)。

治療失敗率については同程度だった(5.4% vs. 5.8%)。

傾向スコアマッチング分析では、抗生物質の使用は、入院期間が29%(入院期間比率 =1.29, 95%CI 1.27〜1.31)長く、さらに入院費用も高かった(平均[IQR]費用 4,776ドル [$3,219$7,373] vs 3,641ドル [$2,346$5,942])。

治療失敗リスクに差は認められなかった(傾向スコア一致OR =0.95, 95%CI 0.82〜1.11)。

多変数調整、傾向スコアの重み付け、および機器変数分析、さらにいくつかの感度分析でも同様の結果が得られた。

結論と関連性

抗生物質療法は、より長い入院期間、より高い入院費、および同様の治療失敗のリスクと関連している可能性がある。これらの結果は、喘息が原因で入院した患者の間で不適切な抗生物質処方を減らす必要性を強調している。


コメント

アブストのみ。後向きコホート研究。

喘息の急性増悪で入院し、ステロイド治療を受けている患者に対して、抗生剤を追加したところ入院期間およびコストが増大した。入院期間については平均1日、コストについては1,000ドルだった。

一方、2018年に報告されたコクランレビューでは、抗菌薬による喘息増悪の改善効果(ピークフローの改善 vs. placebo)はあるかもしれない、という結論だった。ただし統合されたのは6試験のみであり、いずれも患者背景等が異なる(PMID: 29938789)。

今のところはステロイドだけでも充分そうですな。患者によっては呼吸が楽になるなら選択肢の1つとしては有りかも。

アトピー性皮膚炎を合併している患者さんではどうなのだろうか。重度の場合は効果あるのだろうか。気になるところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です